rlblog_20150219

こんにちは。
今回は、ブログの記事を作成する前に気をつけるべきポイントについて
お伝えします。

ぜひ、こちらの記事を参考にチェックをしてみてください。

 

ホームページ(ブログ)を更新する目的を明らかにしましょう

ホームページやブログの運営、ひとくちで宣伝のためといっても目的は様々。
更新する記事が、

「お店からのお知らせを伝えるためなのか?」
「お客さんに来店して欲しいのか?」
「問い合わせ・予約が欲しいのか?」
「クーポンを使って欲しいのか?」

目的によって、記事に必要な情報も変わってきます。
特にお客様のアクションを期待する場合、来店してもらうためには、問合せを
もらうためには、どのような情報を提供するべきか、が重要になります。
商品のメリット、金額、お店の場所、問合せの方法、予約に必要な情報、など…

書く前に立ち止まって「目的を明確」にしましょう。

 

目的に応じてテーマを書き出してみましょう

更新出来るテーマの一例として

「新商品・サービスの紹介」
「業界のトレンドニュース」
「商品の使い方」
「イベント、キャンペーンのお知らせ」
「豆知識・アドバイス」
「スタッフの紹介」

などがあります。
自社のケースに当てはめて、どのようなテーマでブログを作成することが
できるか、考えてみましょう。

またそれぞれの記事に対して、あらかじめ簡単なテンプレート(雛形)を
用意しておくと、いざ記事を書くときに困りません。
テンプレートがあれば、スタッフに記事の作成をお願いする際の説明にも
困りませんし、頼まれたスタッフも記事を考えるときの手助けになります。

例:キャンペーンのお知らせのテンプレート
rlblog_20150219_2

継続は力なり!更新のペースを決めましょう

せっかく意気込んでブログの運営をはじめても、続かなければ意味がありません

「週に2回は更新する」
「毎週●曜日はこのテーマで書く」

など目標を設定しましょう。
業態によって、無理なく書けるテーマをあらかじめ2~3個用意をしておくと
よいでしょう。

更新のしやすいテーマの一例
・ 飲食店:本日のおすすめ、季節のメニュー
・ 美容院・ネイルサロン:スタイルギャラリー、ケアのコツ
・ 企業、会社:サービス、実績紹介

 

最後に…お客様にファンになってもらうために

弊社のお客様にも、ブログ(コンテンツ)の更新の重要性を日頃からお伝えして
おりますが、その理由としてもちろん、SEO的な観点や、キーワード対策として
の側面はあります。

では、アクセスがたくさん集まれば、それだけでOK!なのでしょうか?

昨年 ヤフー株式会社と、株式会社マクロミルが行った
「インターネット広告」意識・動向調査 によると、
「商品やサービスをインターネット上で 予約・契約・購入したことがある」経験
について、50代・60代で80%を超えるなど、各年代でいずれも高い数値を示しています。

また、その後の「来店」経験については、20 代・30代で半数を超える結果が報告されています。

※下記サイトより、調査結果の詳しい内容を示した資料をダウンロードすることができます。

参照: Yahooプロモーション広告 「公式ラーニングポータル」

Yahoo! JAPAN Ads White Paper
年代別にみるインターネットの利用動向調査2013
商品やサービスを検索した人は、どのくらい来店経験があるのか
http://promotionalads.yahoo.co.jp/online/blog/market/whitepaper_internet_research_age.html

 

こうした調査をはじめ、普段の生活を振り返ってみても

「ネットに情報があって当たりまえ」
「買う(来店)前に調べてあたりまえ」

の時代になってきています。

そうした中で、ユーザーは「~だからこの人から(お店で)買いたい」「~なのでこのお店に行きたい」
などの『選ぶ理由』を探しているように感じます。

ブログの更新をする際には、サービスの詳細などの「事実に基づいた情報」はもちろん、
ぜひみなさんの視点で

「なぜおすすめなのか?」
「どんな人におすすめなのか?」
「どんな人に来てもらいたいか」
「どのような思いでサービスを提供しているか」

ちょっとしたひとことで良いので、添えるようにしてみてください。
その気持ちが、きっとお客様に届くはずです。

 

魅力的なブログ記事を書くための準備のコツ!まとめ

 

point8_2ホームページ、ブログの目的を明確に

point8_2目的に応じたテーマを決める

point8_2事前に簡単なテンプレートを用意

point8_2更新頻度(曜日やテーマ)を具体的に設定

point8_2無理なく書けるテーマをあらかじめ用意しておこう

point8_2サービスの魅力やお客様へのメッセージを自分の言葉で添えよう


この記事を書いた人

AyuYoshikawa
AyuYoshikawa株式会社オールシステム/リライヴ 
プランナーからサポートを経て、現在セミナー活動全般を担当しています!

現在の趣味は映画鑑賞。多趣味でころころマイブームが変わります。
日本酒とラクガキが心の癒し。