さて、今回は
「パソコン(インターネット)のことは、むずかしくてようわからん!」
というオーナーさんや企業の担当者さまに向けて、
知っているとかっこいい事業に役立つ、デジタルマーケティング用語を3つご紹介します。

さも以前から知っていたかのように、ドヤ顔で明日からバンバン使っていきましょう!

 

【レベル1】O2O(オーツーオー)マーケティング

rlblog201506008_2

O2O(オーツーオー)とは「Online to Offline」の略称です。
オンライン(ネット上)での行動から、オフラインでの行動(来店などの購買行動)へと導く販促施策のこと。

まだちょっと、むずかしいでしょうか。

例えば、美容院さんがホームページに「初回クーポン」を掲載したり、Googleマイビジネスや、Googleインドアビューなどネット上の位置情報と連携したサービスへ登録し、ユーザーの来店を促すことをいいます。
一般的に、Webからの集客の効果を測定することは難しいイメージがあります。

「いちいちお客さんに聞いたりしないからねえ~」
ということを弊社のお客様にもよく言われたりします。
事業内容やそのときどきのタイミングによっては、お客様に確認するのは確かに難しいかもしれません。

ホームページに「クーポンを掲載」したり「『ホームページを見た』というお客様に・・・」と表現することは、この人はホームページをみて来店(予約)したんだな、ということが分かりやすくなることがメリットです。

以上が、O2Oマーケティングの概要です。
いかがでしたか?まだまだ序の口、では次の用語にいってみましょう!!

 

【レベル2】オムニチャネル

rlblog201506008_3

オムニチャネルの「オムニ」とは「すべての」、
「チャネル」はマーケティング用語で「流通経路」のことです。

オムニチャネルとは、店頭やショッピングサイトを含むすべての販売・流通経路からでも、すべてで同じように商品を購入できることをいいます。

例えばアパレルショップで考えた場合、
アナログ的なチャネルとしての店頭販売や、カタログ通販。デジタルのチャネルとしてショッピングサイト、ダイレクトメール、SNSなどがあり、これらすべての顧客との接点で商品の購入を可能にします。
また、それらのチャネルでは商品提供の質は均一になっています。
ショッピングサイトで注文して店頭で受け取りをする。在庫がなかった商品をネットから取り寄せ、消費者に届けるといったことがこれに含まれます。

近年、こうした「オムニチャネル消費者」は増えておりこれからの時代の流れに沿ったマーケティング手法といえるでしょう。

「オムニチャネル消費者」の動向については、以下も参考にご覧ください

参考:NIKKEI MESSE「日経の紙面から―第3回ネットライフ1万人調査」
SNSで注目 店で現物確認 自宅でネット購入 

これぐらいは余裕ですよね?それでは、最後の用語にいってみましょう!

 

【レベル3】リードナーチャリング

rlblog201506008_4

「リード(Lead)」とは、見込み客のことを指すマーケティング用語です。
「ナーチャー(Nurture)」は、育成するといった意味をもつ英単語。

リードナーチャリングとは、オンラインを主体として見込み客に有益な情報を与え、サービスへの興味・関心を持ってもらい、そこから購買・契約へとつなげる(育成する)マーケティング手法のことを指します。

特に、単価が高くて購入の意思決定までに時間のかかる商材について有効な手法とされており、もともとは海外で提唱され、日本でも2・3年ほど前から盛んにいわれています。

この育成の手法として、有効とされているのが、自社サイトでブログ・メルマガなどによる情報発信(コンテンツマーケティング)です。
集客に必要なコンテンツ・見込み客へのアプローチ方法についてはこちらのブログでも書いています

 

まとめ

こんな悔しい思いをしたことがありませんか…?

rlblog201506008_5

効果を出すために重要だとされているのが、見込み客育成のプロセス・ストーリー。
ブログやメルマガで、ただやみくもに情報発信すればいいというわけではありません。
お客様がそれぞれ興味の段階によってどのような情報を欲していて、何を提供したら喜ばれるかの仮説がとても大切になるんですね。

仮説って言われても…
難しすぎて、どこから手をつければいいのか…

とお思いのみなさん、

弊社では、お役立ちブログ以外にも、メルマガダウンロード資料などでマーケティングノウハウを公開しています!
メルマガでは弊社スタッフが丹精こめて、ターゲット設定手法や、季節に応じた販促、ITノウハウなどをお届けしています。

無料でご登録いただけますよ~

この記事を書いた人

AyuYoshikawa
AyuYoshikawa株式会社オールシステム/リライヴ 
プランナーからサポートを経て、現在セミナー活動全般を担当しています!

現在の趣味は映画鑑賞。多趣味でころころマイブームが変わります。
日本酒とラクガキが心の癒し。