お久しぶりです、春日井です。

ブログやSNSの投稿で情報発信をしていくのは
集客やPRにとって必要不可欠になっています。
その際に気をつける法律がありますので主なものをご紹介します。

gf1420116444l

■肖像権
肖像権は他人から無断で写真を取られたり
無断で公表されたり利用されたりしないように主張できる考えです。
他人の肖像(写真や映像など)を無断で使用してはいけません。
特に著名人の肖像・氏名には財産的価値があります。
芸能人・有名人をホームページにアップする場合は注意しましょう。
お客様の写真を撮影する場合は、
ホームページやSNSに掲載することを告げた上で
本人の許諾を得てから撮影を行いましょう。
特にSNSは気軽にアップしがちですが、拡散力が強いので
トラブルに繋がることもあります。

■著作権
写真などの著作物は、著作物を創作した人に創作した時点で
「著作権」が自動的に発生します。
他社のホームページやSNSからコピーしたものを無断で使用するのはやめましょう。
無断使用が発覚した場合、著作権者とのトラブルに繋がってしまいます。

■景品表示法
うそや大げさな表現など、消費者をだますような表示は禁止されています。
効果に関わる表現で合理的根拠を問われるケースがあります。
健康食品などの広告でよくある「※効果には個人差があります」
景品表示法に配慮した結果ですね。
ホームページだけでなく、チラシやパンフレット、なども注意しましょう。

治療院やエステサロンなどが「治す」など医療行為を思わせる表現を
使用することも不当表示となる可能性があるので注意しましょう。

■まとめ
他にも気をつける法律はありますが、一部をご紹介しました。
ブログの投稿やホームページの更新をすることは
ホームページの効果をあげるうえで大切ですが、
無用なトラブルを避けるためにも、上記のようなことに十分注意して運用を行いましょう。

この記事を書いた人

かすがい株式会社オールシステム プランナー
映画を観ることが好きです。プランナー3年目。
お客様にいい提案ができるように日々勉強中です。