Website traffic improvement concept. Businessman draw increasing graph with text website traffic.


オリンピックが始まりましたね。

男子サッカーが早くも厳しい状況ですが、望みがあるなら最後まで頑張ってほしいです。

オリンピックには順位によって金、銀、銅のメダルがあります。

ホームページにも順位(検索結果)があります。
ホームページの金メダルって何でしょうか?



先日

「何位まで順位を上げてもらえますか?」

と質問され、



「申し訳ございません。○位と断言はできません。」とお答えしました。



Googleの判断基準が定期的に変わったり、

競合等の問題など、理由はいくつかあります。

 

 

しかし、

「お問い合わせを増やしたい」

「ブログを見てもらえるようにしたい」

「ギャラリーページをもっと見てもらいたい」

 

といった事は対応できます。

 

「お問い合わせを増やす」=「検索結果の上位」ではありません。

 

検索の上位にあってもページの構成、ボタンの配置、色使い等が不適切であれば

お問合せは増えません。

 

このページを見てほしい。

だから、ここにボタンを配置する。目立つような色使いにする。

といった「押してもらえる」工夫をし、「お問合せに繋がる」対応はいたします。

 

 

検索結果の順位はもちろん大事ですが、

やみくもにボタンばかり増やしても押して、もらえないかもしれません。

情報をたくさん掲載しても、見てもらえないかもしれません。

 

まず一番知ってほしい情報を精査し掲載しましょう。

その上で何を求めるホームページにするのかを第一に考えてみましょう。

 

この記事を書いた人

武田 徹
武田 徹チーフデザイナー
制作のデザイン担当です。
ホームページはもちろん、名刺やチラシのデザインもします。
デザイナーチームのリーダーなので、下の子に抜かれない様にします。
最近運動不足なのでスケボーしてます。