自動車損害賠償保険等 加入が義務化されました
こんにちは。
デザイン担当chimoです。
以前、自転車の販売・修理などを行っているお客様のサイトを作成した際、皆様にも知っていただきたい情報があったので、今回はそれについてお知らせしたいと思います!
どんな内容かはアイキャッチ見ればわかるんですけどね!

自転車損害賠償保険等への加入が義務化

皆さんは自転車に乗りますか?
「乗る」と答えた方で、かつ現在名古屋市内で自転車を利用する方に重要な情報です。
2017年10月1日より、自転車損害賠償保険等への加入が義務化されました。
対象者は、名古屋市内で「自転車利用者」及び「自転車を利用する未成年の保護者」です。
また、名古屋市に住んでいなくても名古屋市内に自転車で入るときも保険に加入している必要があります。
対象者
自転車は便利でお手軽な乗り物です。そのため子ども~高齢者までいろんな年齢の人が利用しています。
しかし、多くの人が手軽に利用できるために、交通ルールを守らない人も多くいるのが現状です。
街中を歩いていても、スマホを見ながらだったり、傘を差しながら運転している人や歩道を猛スピードで走っていく自転車に出会ったりします。
子どもが並列走行をしていて危ないなって思ったことも結構あります。
交通ルール違反がすべて事故につながるわけではないですが、交通事故につながる可能性が高いのは事実です。

事故が起こってからでは遅い!高額賠償事例

高額賠償事例:判決認容額※9,521万円
また、以下は愛知県内で発生した高額賠償事例です。
愛知県内での高額賠償事例 ある日突然加害者になり、高額なお金を払わなければならないとなったらあなたは払えますか?
私は事故を起こさないから大丈夫と言えますか?
自分が当事者に今日なるかもしれないと思うと、一度保険について見直した方が良さそうです…。

罰則はあるの?

自転車損害賠償保険等への加入が義務になったから、加入しなければ罰則になるかといわれると、答えは「No」です。
加入の義務はありますが、加入しないからと言って罰則は特にありません
しかし、車と違い自転車には自賠責保険がありません。
万が一事故を起こして高額の賠償をしなくてはならなくなった時、支払いができず、被害者が十分に賠償されない場合があります。
もしもの時、加害者の経済的な負担軽減のためにも、被害者が十分な賠償を受けられるようにするためにも、保険に加入した方が良いと言えるでしょう。
自転車事故の賠償で自己破産するケースもあるそうです。

まとめ

自転車での事故は車と比べると、速度も遅いし小回りも効きやすいので、大事故になるというイメージがない人もいるのではないかと思います。
だから自転車での交通ルールは破られやすいのかもしれません。
実は私は自転車に8年くらい乗っていないし、名古屋市内で自転車に乗ることもないので対象外ではあります。
でもだから全く関係ないというわけではありません。
車でも自転車でもなんでもですが、ルールは理由があって決められています。
気軽な気持ちでルールを破って、取り返しのつかないことにならないように気を付けたいところです。
自転車損害賠償保険等への加入についてもっと詳しく知りたい方は、名古屋市Webサイトへどうぞ。
また、自転車屋さんをやっていて、Webサイトにテキストを追加記載したいという更新希望の方はこちらからお問い合わせください。
それでは。

この記事を書いた人

chimo
chimoWebデザイナー
スパイラルな専門学校を卒業して、社会人となりました。
Webデザイナー3年生です。
すっきりとしたデザインや面白い企画モノのサイトが好きです。