fotolia_94907069_subscription_xxl

今回は僕が実際に使用してる便利な配色ツールについて書きたいと思います。
デザインにおいて配色はもっとも重要です。
なぜなら人間の脳は情報を見たとき、重要な要素として真っ先に色を認知するからです。

例えば日常会話にあるような
「さっきの青い服の人カッコよかった」
「なんだっけ?あの黄色の本」
「その赤いやつ美味そう!」

など思い返すと誰にでも経験があると思います。
人間には色が情報の印象として残りやすいのです。
つまり適切な配色をすることで情報をより効果的に伝えることができます。
印象に残ってほしいところに色相が違う目立つ色のボタンを配置するとか。
デザインは奥深いですね。

と言っても
どの色選べばいいか分からない!
なんだか適当に選んだら変な配色になってしまった、、
となると思います。僕もしょっちゅう悩んでたりします。

そこで配色に悩んだときに使える便利なサービスやツールを少し紹介したいと思います。

Kuler

< まず配色の参考で有名なサイトの「Kuler」です。 左上のフォームに色の名前(英語)で検索すると、さまざまな配色パターンが見れます。 その中から合いそうな配色パターンを参考にするという使い方ができます。

HUE 360


僕が最近よくお世話になっているのは「HUE 360」です。
配色で失敗する主な理由は色のトーンが合ってないからです。
適当に選べはまあそうなりますよね。。
この「HUE 360」は明度と使いたい色を選べば、その色のトーンを自動的に合わせてくれるので配色にかなりオススメ!トーンを合わせる練習にもなりますね。

あとWebサイトを見ていてよくあるのが、
この色いいなーと思ったときに、キャプチャとってPhotoshopで開くのはめんどくさいですよね。。
そこでGoogle Chromeの拡張機能で便利なツールが「Eye Dropper」です。

Eye Dropper


サイト上の色をスポイトで簡単にとれます。
僕はかなり使ってますのでお勧めです。
(ちなみに他のブラウザも同じようなアドオンがあると思います)

配色は難しいですが、デザインでは重要な要素です。
色に触れる・考えるというのがまず大事ですね。もっと上達したいものです。。
ではまた。