blog

 

ホームページはお店の大事な看板です。

実際にお店に行く前にほとんどの方がインターネットで下調べをしてからお店を選んでいます。
そこで重要なのはユーザー(サイトを見る人)が知りたい情報が載っているのか。という点です。

・場所は?
・値段は?
・何をしてくれるの?
・他店と何が違うの?

これらが不鮮明ですと、どれだけキレイなデザインでも来店には繋がりません。

ターゲットを明確に

いろんなお客様に来て欲しいのは当然ですが、
特に来て欲しい層をターゲットに絞りましょう

・10代?
・20代?
・30代?
・高齢者?
・家族向け?
・日本人?
・海外旅行者?

から更に

・20代の新入社員向け
・一人暮らしの30代向け
・子供を持っているお母さん向け
・実家で暮らす高齢者向け

など、細かくターゲットを絞ることで
よりサイトの目的が明確になります。

ナビゲーションを分かりやすく

ナビゲーションは目的のページへ繋げる大事な導線です。
日本人向けのサイトを作るのに
英語表記でボタン名を作ってしまっては、ぱっと見なんのページなのか分かりません。

・Plan → 料金
・Access → お店紹介
・Service → サービス案内
・Consept → 当店のウリ

英語表記だと確かにかっこいいんですが、できるだけ一般的に使われている言葉を使用するほうが、多くのユーザーに伝わりやすいでしょう。
以前読んだ記事で、高齢者向けの通販サイトの購入ボタンが「カートに入れる」となっていたところ
「商品を申し込む」という言葉に変えたら、購入されるようになったそうです。
「分かりやすい言葉」を使うことが大切なんですね。

ホームページを作るのに決して安くありません。(人によっては自分で作っちゃう人もいますが。。。)
やはり自分好みのサイトにしたくなるのは当然です。
デザイナーだと特に。。

ですが、
今一度、
サイトの目的を明確にして、
ユーザー(お客様)の目線に立つ事が一番大事なのではないでしょうか。

この記事を書いた人

武田 徹
武田 徹チーフデザイナー

制作のデザイン担当です。
ホームページはもちろん、名刺やチラシのデザインもします。
デザイナーチームのリーダーなので、下の子に抜かれない様にします。
最近運動不足なのでスケボーしてます。