いつもありがとうございます。
オールシステムの吉川です。

今回は、弊社のお客様の間でも特に関心の高い
「Googleアナリティクス(無料のWeb解析ツール)」
についてお話します。

アナリティクスの基本的な項目とその意味を
かんたんにまとめると以下のとおりです。

【アナリティクスでわかる代表的な項目】

ga

■セッション=訪問数
ホームページに訪問した延べ人数

■ユーザー=訪問者数
計測期間内において重複していない(同じ人(端末)を複数回カウントしない)訪問数のこと

■ページビュー数
計測期間においてホームページで閲覧された延べのページ数のこと

■ページ/セッション
一回の訪問あたり、何ページ見ているかの目安。

■平均セッション時間
一回の訪問あたり、どれくらい滞在しているかの目安。

■直帰率
最初にアクセスしたページで閉じてしまう割合

■新規セッション率
新規のお客さんが多い場合、数値が高くなります。
反対に、リピーターが多い場合は数値が低くなります。

また、上記に加えて

■CV(コンバージョン=反響)率
ホームページを訪れたユーザーが、そのサイトで
目標(問い合わせや購入などの具体的なアクション)
を達成したかどうか、も非常に重視されます。

【数値を解析に活かすには?】

Fotolia_53469560_Subscription_XXL

さて基本の項目がわかったところで、ここからが解析の本番です。
数値を眺めて、満足しているだけでは意味がありません。

解析の結果を、何かしらサイトの改善に活かしていかなければ
見ている時間そのものが無駄ということになりかねません。

ではみなさんは実際に自社のサイトで

1. どのような基準で「良い・悪い」を判断すればいいのか。
2. 悪い点が見つかった際、とのような順番で改善すればいいのか。
3. 具体的にどのような施策で改善すればいいのか。

ご存知でしょうか?

例えば、みるべき数値の基準としては以下のようなものがあります。

■ページ/セッション
1回の訪問あたり、2~3ページあると良い

■平均セッション時間
2分くらいあるとよく、50秒を下わると改善が必要。

■直帰率
50%前後が平均的。70%以上あると改善が必要。

上記は一例ですが、それ以外の部分でも知っておくべき
数値がいくつかござます。

また

2. 悪い点が見つかった際、とのような順番で改善すればいいのか。
3. 具体的にどうような施策で改善すればいいのか。

については、実際にサイトの改善を行う際には非常に重要な
ポイントになってきます。

【もっと活用したい方のために】

数値の基準や、改善の施策について更に詳しく知りたいという方は、
是非11月9日に開催される以下のセミナーにご参加ください。

前回同じ内容で8月に開催し、その際も満席になった人気の講座です。
現在申込み受付中ですのでお早めにお申し込みください!

10月26日までにご連絡いただいた方には
オトクな早期割引も適用されます♪

>11月9日開催「成果に繋がるアナリティクス解析」セミナーの詳細はこちら
seminar20161109

この記事を書いた人

AyuYoshikawa
AyuYoshikawa株式会社オールシステム/リライヴ 

プランナーからサポートを経て、現在セミナー活動全般を担当しています!

現在の趣味は映画鑑賞。多趣味でころころマイブームが変わります。
日本酒とラクガキが心の癒し。