いつもお世話になっております。
オールシステムの春日井です。

以前の記事で、採用サイトのご相談が増えていることを書きましたが、
採用サイトのニーズは相変わらず多いなあという印象です。

採用サイトは誰でも知っているような企業でない限り
アクセス獲得が難しい媒体です。

基本的には、求人ポータルサイトのような媒体で採用情報を確認したユーザーが
より詳細に会社のイメージを確認したり企業研究を行う際、アクセスすることを想定します。

求人ポータルサイトなどの媒体に求人広告を出すことが必須となるわけです。
せっかく作った採用サイトを最大限活用する方法として、indeedの活用が注目されています。
indeedは簡単に言いますと、求人情報専門の検索エンジンです。
indeedで検索すると求人情報を掲載している様々なサイトが引っかかります。

そこには、求人ポータルサイトのページも入ってきますが、
企業が独自で制作している採用サイトや採用ページも引っかかります。
検索エンジンですので、広告を出すことができます。

弊社のお客様の中にはindeedを活用することで、
求人ポータルサイトに求人広告を出す10分の1近いコストで同じ人数の求人応募を獲得している事例もあります。
自社採用サイトを最大限に活用する方法として、indeedは非常に有力なツールです。

indeedと自社の採用サイトをうまく使うことで、
採用コストの削減や応募者数の増加が期待できます。
弊社では、indeedに対応した採用サイト特化型のテンプレートを販売しております。

採用特化型ホームページテンプレート「採用エンジン」
ご興味ある方は、是非一度お問い合わせください。

この記事を書いた人

かすがい株式会社オールシステム プランナー

映画を観ることが好きです。プランナー3年目。
お客様にいい提案ができるように日々勉強中です。