みなさんこんにちは!
サポート課のKです。

最近テレビやネットで『フォトジェニック』という言葉を良く聞きませんか?
フォトジェニックは英語で photogenic となり、意味としては写真写りが良いや写真向きであるという意味となります。

最近Instagramの流行からフォトジェニックという言葉も流行っていますね。
やはり写真といえば食べたもの(食べるもの)を撮影する機会が多いかなと思います。
当社サポートでも最近ではInstagramのご相談なども頂きますが、やはり一番多いのは飲食店のお客様からのご相談を多く頂きます。

では飲食店様のケースでInstagramでどのようにするといいねが増えやすいかポイントをご案内いたします。

1.  基本のカメラ機能をしっかり使う!

iPhoneの方は設定からグリッド線(設定からカメラ設定で簡単に出せます。)を出して、撮影したいものを真ん中からズラす。イメージとしては縦線と横線の交わる4箇所のどこかに撮影したいものを入れると綺麗です。

2.食べ物は寄って背景は少しボカす。

ピントは器の一番光ってる箇所にピントを合わせる。

3.画像はちょっとだけ色味の調整をする。

実際に見ている色と撮影した色だと実際に違うことが多いので、
Instagramのアプリや写真編集アプリで色を調整してみてください。

4.#(ハッシュタグ)はできるだけ多めに!

ハッシュタグは写真に関係するキーワードをつけるとそのタグで探す方の一覧で表示されます。特に商品名やジャンル、店名、地域名はできるだけ入れると良いと思います!個人的なおすすめとしてはスマホのメモ帳にあらかじめいつも使うハッシュタグを入れておいて、それをコピペで利用頂くといちいち全部入れる手間は防げるかなと思います!

それでは次回もお楽しみに((((((((((っ・ω・)っ

下の月の写真は望遠鏡越しにスマホから撮影した月の写真です。
スマホのカメラが良すぎて最近は一眼レフを持ち歩かなくなりました。

この記事を書いた人

小山 慶介
小山 慶介管理部 サポート課 係長

サポート課としてホームページの活用相談から各種ご提案、SNS(twitter/Instagram/facebook/youtube等)を絡めたご相談もお気軽にお問い合わせください。
IT情報の収集はもちろん、最近ではAIやAR(拡張現実)など身近になった未来の技術を勉強中です!
ホームページやアプリなどご質問やご相談はお気軽にどうぞ♪